福島県で楽しく生きる2児のパパが、人生を楽しく生きる方法を発信します。

YONE blog

仕事

元公務員の僕が公務員をオススメしない5つの理由(後編)

更新日:

こんにちはYONEです。前編ではオススメしない理由3までお話ししました。

オススメしない理由

  1. イメージと実態に差がある
  2. 身に付くスキルの幅が狭い
  3. 成長しにくい環境
  4. 真面目な人ほどメンタルを壊す
  5. 将来に不安がある

引き続き4からお話をしていきます。

④真面目な人ほどメンタルを壊す

実は公務員はメンタルを壊す人の割合が多い仕事です。

公務員の精神疾患による休職者数は1.4%、民間企業が0.7%程度と言われているため、2倍の休職者数となっています。

主な原因は上司からのパワハラ、クレーム対応と言われています。

公務員はパワハラ上司が多いと言われています。

もう一つはクレーム対応です。

電話対応や窓口業務をしていると、よくクレームを言われます。

そして、そのクレームは自分ではどうしようもないことが多いのです。

僕も入庁1ヶ月の時に「国会議員や年金の使い方が悪い!」と言う内容を1時間ほどクレームを受けました。

末端の職員にはどうしようもないですよね?国会議員の事務所へ連絡してくれ・・・って感じです。

クレームというか暴言「火をつけに行くからな!」「殺してやる」とか言われることも時々あります。(僕は何回もありました・・・)

特に税金を扱う部署は大変です。

テレビで税金Gメンみたいな番組がありますよね?

税金滞納者に家に行って差し押さえをする仕事です。

絶対に必要な仕事ですし、立派な仕事だと思います。

しかし、実際にあの仕事をしたいですか?

僕もそれに近いことをしていましたが、その時の給料は月15万円ほどでした。全く割に合いません・・・「せめて歩合制にしてくれ」と思っていました。

⑤将来的に不安がある

公務員といえば、一度入ったら将来安泰と思っている人が多いです。

しかし、それは大きな間違いです。

例えば、僕は国家公務員として入庁しましたが、省庁自体がなくなり公務員ではなくなりました。

これは特殊な例ですが、他にも地方自治体の大きな赤字によるリストラや給料カット、人口減少による市町村合併や医療機関の閉鎖など、続けられなくなる可能性はいくつもあります。

個人的に最も大きな可能性は「テクノロジーの発達による仕事の自動化」だと思っています。

わかりやすい例は銀行ですね。一昔前まで安定とされていた銀行も近年リストラを盛んに行っています。

これもテクノロジーによって仕事が自動化された結果、人員が不要となった結果です。

では公務員はどうでしょう。公務員には公平性が何より求められます。公平とは「ルールに従って、決められた手順で画一的に物事を進める」ということです。

感の良い方は気づいたともいます。

これは機械が最も得意なことですね。

今まで人の手で行っていた書類審査、資料の作成などのほとんどはAIに置き換わると思います。

行政事務員の仕事のほとんどは、テクノロジーがカバーしてくれます。

そうすると、当然人は不要となります。リストラの対象となるのは45歳以上の給料が高い人でしょう。

前述のように、公務員はスキルの幅が少なく、成長しにくい環境です。

そんな世界で20年以上働いていた人が突然クビになったら、再就職はかなり大変です。

最後に

これらの理由により「なんとなく公務員」を目指している人にはオススメしません。

ですが、もちろん向いている人、なるべき人もいると思います。それは

  • 国民、市民のために高い志を持って仕事をしたい人
  • 中央省庁に入り、官僚を目指し国のシステムを作り上げたい人
  • 警察官や、国会議員、裁判官など民間ではできない仕事につきたい人

です。特に目標を持って目指している訳でないのであれば、公務員試験の勉強をする代わりにプログラミングなどを勉強した方が良いと思います。

僕自身親から「公務員になれ。公務員は安定していいぞ。」と言われて育ちました。特にやりたいこともなく、なんとなく公務員になった一人です。公務員になって一番身についたスキルといえば、強いメンタルでした。散々クレームを言われ、時には脅されて身についたスキルです(笑)

どうしても公務員になりたいのであれば、しっかりと目的を持って公務員を目指しましょう。

-仕事
-, ,

Copyright© YONE blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.